ミノキシジルタブレットよりフィナロイドのほうがおすすめされる理由

ミノキシジルタブレットはやめといたほうがいい、やめたほういい。

そう指摘する人をよくみかけます。

それをみると納得できる部分もありますが、結局は自己判断になります。

そもそも、ミノキシジルタブレットは効果が出やすいのは口コミでもよく言われています。

そのかわりに副作用や初期脱毛がきついこともあるとされています。

恐らくそれは間違いないと思いますよ。

ミノキシジルタブレットはなぜ副作用が強い?

ミノキシジルタブレットとフィナロイドのようなフィナステリドでは効果自体が違います。

作用が違うんです。

フィナロイドやフィナロなんかは、抜け毛の抑制ですが、ミノタブは血流をよくすることでの発毛促進です。

だから、副作用の出方も違うのですが、ミノタブでは体毛が濃くなる症状がでがちです。

これがちょっと厄介ですね。

女性なんかですと、これはかなり厳しいでしょう。男性でも、やっぱり体毛が濃くなってくると焦りますよね。

それですんだらいいですが、元が血圧の薬ですから、どんな副作用が出るかは少し読めない部分もあるんです。

だから、やめたおいたほうがいいという人もいるんでしょうね。

ミノキシジルタブレットの量を極端に少なくする方法もある。

ミノキシジルタブレットは2.5mgのと5mgのと10mgのが売られているようですが、どの量を飲むかによっても効果も副作用も違ってきます。

そこで、ある人が書いていたのですが、2.5mgよりもっと少量でも効果が出てるとのことです。もっともっと少量を飲むということなんです。

当然、効果は少ないですが、副作用によって飲めなくなるのは避けたいということのようです。

いろんなことを考える人がいるものですね。

あとは、併用ですね。育毛剤なら、フォリックスやリグロースラボといったミノキシジル育毛剤もいいですね。

オオサカ堂には、他にも育毛系の商品はたくさん売ってます。フォリックスのサプリメントもあります。

自分がなっとくいくものをつづけたいですね。

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store